科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

サッカー日本代表対ベラルーシ代表 採点


久々の更新である。
まあなんでもいいから書いておけば更新意欲も沸くもんだ、ということで
今日のベラルーシ戦の採点及び総評を。

GK 川島 5.5
そこそこの好セーブもあったが、失点シーンではビックセーブが欲しかった。
川島があれを止めないと、今の日本は勝てないチームなのだ。
またフィード能力もいまいち。今回はDFとの連携、コーチングでもちと疑問点あり。
現実問題として替えの利かない選手であるだけに、汚名返上を期待する。

CB 今野 5.0
前半の早い時間帯でのイエローから消極的に。ラインを保つこともできず、
ボール奪取にトライする場面ではあっさりと裏を取られた。
前線へのパスで攻撃へのアクセントを持たせることもできなかったが、これは前線の選手の責任の方が大きいか。

CB 吉田 5.0
近頃ちと自信喪失気味の彼であるが、未だに傷は深い。
DF陣の守備時の落ち着きのなさがチーム全体のプレースピードに与えた悪影響は大きい。
とにかくボールに人に寄せが遅い。守備陣の約束事の徹底というのは現代表に課された最重要課題である。
試合終盤には川島との連携ミスも。ちゃんとやれば失点なんか簡単にはしないから落ち着きなさい。

LSB 長友 5.0
彼のポテンシャルや今シーズンでのインテルでの出来を考えれば、かなり物足りない内容。
ミスも多く、攻撃参加をしてもパスを中継して攻撃を遅らせるだけで、勝負を仕掛ける場面はついに訪れず。
パスの連携がうまくいかないときにこそ彼の突破力が必要だったのだが・・・。

RSB 内田 6.5
唯一合格点をもらえる出来。何故かみんな悪いと良くみんな良いと悪い不思議な選手。
守備時の安定感、攻撃参加時もきちんとチャンスに繋げ帰ってきてくれた。シュートの場面も高評価。
しかしながらチーム全体に喝をいれる活躍とまではいかなかったのが残念。よく頑張った。


DH 遠藤 4.5
日本ワースト。守備がやはり軽い。ボールロストやパスミスもあったが、
何より彼のところでガクンとプレースピードが下がるのが大問題。
ボールを落ち着かせる役目は必要だが、スピードを上げて動き出したボールを止めては攻撃が停滞するだけ。
そこでパスミスするのはもってのほかである。今日は良くない方の遠藤であった。

DH 長谷部 5.0
守備でのトライもうまくいかず、DFのカバーという役割もこなせていたとはいいがたい。
攻撃参加でも効果的な仕事はできず、囲まれてボールを失う場面が目立った。
この調子で変に行儀よくプレーしてミスをするくらいなら、いっそドリブルで仕掛けて欲しい。
アジアカップのときの殺傷力のあるプレーは鳴りを潜めて久しい。

LSH 香川 5.0
試合勘というものはこうも大事なものなのだと痛感させられる不出来さ。
動き出しが合わず、ボールが足につかずでまるで効果的な仕事はできず。
代表においては本田とのパス交換でお互いが生きるという選手なのだが、本田のプレー位置が低かったことが
自身のコンディション不良もあいまってまるで持ち味を生かせず。

COH 本田 6.0
プレーの質のみを見れば7.0くらいあげたいほどクオリティは高い。
しかしながらボランチの不出来のせいか、プレー位置が低すぎる。これではラストパスの場面に絡めない。
周りの選手の動きが足りず、本田が動き回ってあれこれしなきゃいけなくなり、結果得点まで繋げられないという
悪循環に陥っている。彼を王様にできるか否かは他の選手に懸かっているのだ。

RSH 岡崎 5.5
いわずもがな、毎回頑張る岡崎君であった。
手を抜かずに走り回って仕事をしてくれる、計算できる選手。
しかし今日は効果的なボールが入らなかった。そろそろ得点決めなきゃね。


CF 柿谷 5.0
裏を取る動きがパスの出し手と最後まで合わず、終始消えていた。
唯一GKと1:1になったシーンがあったが、あれを決めなければ柿谷を使う意味がない。
ここまで裏を取れないのであれば、引いて受ける場面も1回作るべきだったのではないか。
パスが繋がらないときはミドルとドリブルで崩すと相場が決まっている。仕掛ける場面を作りたかった。


交代選手

CB 森重 5.5
守備面で貢献できたとまではいえない。とはいえCBの交代出場は難しくて当然なのだが。
セットプレーはいい場面を作った。

LWB(LSB) 酒井(高) 5.0
積極的に仕掛けたのは交代直後だけ、そこからはとにかくミスが目立った。
試合終了直前にみんながガンガン仕掛けているところでミスをするとチームに与えるダメージでかいぜ。

DH 山口蛍 6.5
ボールの捌き、守備のカバーともによし。彼が入ってようやく少しパススピードが上がった。
個人的なことをいえばあまり彼のことは信用していなかったのだが、この出来なら次は是非先発で見たい。

CF ハーフナー
出場時間不足のため採点不能。
彼は昨シーズントップ下で結果を出した選手。本田を上げて彼をトップ下ってのもやってみては?

ザッケローニ 4.5
メンバー固定によるチームのマンネリ化を生み、それがこの試合においては
選手の覇気の無さという形ではっきりと出てしまった。
交代でチームに変化をもたらすどころか、森重を投入しての不慣れな3-4-3へのフォーメーション変更で
余計ボールの流れが停滞してしまった。
全体的に選手交代の決断も遅く、交代枠を2つ残しての敗戦。収穫があったとはいい難い試合となってしまったのは
彼の監督手腕による責任も非常に大きかったといわざるを得ないだろう。


総評

試合自体の出来はかなり悪かったし、得るものがまるでない試合であった。
コンディションに問題があったとは思えないのだが、とにかく全体的に体が重い。
前線で動いて受ける選手がいないためプレースピードがとにかく上がらず、足元でボールを回しているうちに
ボールを取られてカウンターを受ける、という悪いパターンを繰り返し続けたまま試合が終わってしまった。

攻撃面は、ボランチの不出来による悪影響が大きかったように思う。
本田ボランチ論、中村憲剛ボランチ論、あるいは今回良かった山口蛍、さらには
劇薬として中村俊介の招集(まあ、多分断られるだろうが)などなど、試すカードは一応いくつもあるはず。
しかしザッケローニが実際にこの限られた時間の中で、残された選択肢をあれこれ試してくれるかというと
現実問題として、ちょっと難しいのではないかと思う。彼はちと優柔不断なところがあるように感じるので。

W杯まで残り1年を切っての監督交代というのは、あまりにリスキーな選択肢であり、現実的ではない。
しかしザッケローニを使い続けるリスクと、監督交代のリスクとを、日本サッカー連盟は
真剣に比較するべきときにきているのではないだろうか。
個人的にはそれでもザッケローニが見事にチームを建て直し、W杯で結果を残すことを望んでいるのだが。

決してアンカーを置いて引いて守ることはしない、と宣言した彼の意思を、私は大いに支持している。
これは是非とも尊重したい。そのためにも彼にはここで踏ん張ってもらわなければならない。
監督として自分が無駄にした時間というものと、今一度ここで真剣に向き合ってもらわなくては。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/16(水) 00:41:28|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画