科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

電王戦タッグマッチ2014 1stROUND終了時点での雑感

コンピュータ将棋と人間がタッグを組んで戦う電王戦タッグマッチ2014。
昨日で1stROUNDのABブロックが終了。
Aブロックからは森下九段-ツツカナタッグ、Bブロックからは西尾六段-ponanzaタッグが勝ち上がり
前回王者の佐藤慎一四段-ponanza2013タッグ、初参戦の久保九段-習甦タッグを加えた
10月の決勝ROUNDへとコマを進めることとなった。


今回は去年から参加棋士も増え、
脳波の値を測定するヘッドマウントディスプレイや眼鏡型タブレット端末グーグルグラスなど
新しい機能も追加して、よりゴージャスなイベントとなった。
再来年からの本格棋戦化に向けて、ドワンゴ社の気合の入りようが伺える。
予選ラウンドが終わったこの段階で、ここまでの雑感をつらつらと書き連ねるとする。


まず目に付いたのは、やはり運営ミス。マルチアングルの脳波はさすがにいらない。
またタブレットとの連動が上手くいっていないのか、コンピュータ将棋のトラブルがかなり目立つ。
ツツカナが詰みを発見して評価値が0になるのは明らかにバグだし、
その後両コンピュータが使えなくなったのは、このイベントの意義を考えるにあまりに致命的なミスである。

しかしこれも概ね初日のAブロックのうちに問題が出切ったこともあり、
Bブロックではその問題の多くが修正されていた。
咄嗟にその場で24点法計算プログラムを作ったあたりを思い出すが、やはりドワンゴの問題修正能力は高く評価すべきだと思う。
ここはやはり新しい会社ならではの小回りの利き方だろうか。

とはいえこういった問題の影響もあって、将棋会のリビングレジェンド
加藤一二三九段の電王戦初参戦の場をいい形で迎えられなかったことは、視聴者としても痛恨の極みである。
中村六段-習甦タッグと初戦で当たったというのもあって、この本来大変貴重な場になるはずの対局が
なにやらあっさり終わってしまった、という感想しか残らなかった。

また、今回の形式として対局者がタブレット端末を操作して
自分でコンピュータ将棋に局面を読ませるという形になったのだが、これも個人的にはいまいち。
これは邪推になるが、やねうらおこと磯崎氏と佐藤紳哉六段を鉢合わせることを避けるための措置だったと予想しているのだが
この形式によって「開発者とのコンビで戦う」という、いい意味でのいわゆる「少年ジャンプ的」な熱が削がれてしまったように感じる。
特に前回は優勝した佐藤慎一四段-ponanzaタッグにおける山本一成氏のオペレーターとしての優秀さというのも
見ている限りかなり大きかったように思える。
コンピュータ将棋が人間を凌駕するとしても、そのコンピュータを作ったのもまた人間であり
どこまでいっても人間対人間の戦いなのである、という第2回電王戦第3局のPVの下り。あれは電王戦において一番のミソであると私は思うのだ。

将棋に関しては、森下九段-ツツカナタッグと西尾六段-ponanzaタッグは
素人目にみてもやはりブロック内で一番強かった。
昔実際にいわれたことだそうだが、終盤間違えない森下卓は本当にここまで強かった。
そして西尾六段とponanzaは相性が良すぎる。


丁度昨日がBブロックの対局だったので、まずは記憶が鮮明なこちらから振り返る。
やはり印象に残ったのは西尾六段-ponanzaタッグの強さである。
ともすれば暴れ馬のように強引な攻めで自らの首を絞めてしまいそうなponanzaであるが、
的確に手綱を絞ってコントロールし、そして見事にponanza流の圧巻の攻撃力を炸裂させた。
このponanzaの暴力、私は今将棋界全体を含めてもっとも好きな将棋である。

さらに驚いたのは、決勝の攻めの着火点となった△8六歩の仕掛け。
私はぱっと見で、アマチュア100万円チャレンジでよく見たponanzaの仕掛けだなぁと感じたのだが
この手は西尾六段が自力で指し、ponanzaは全く別の手を示していたとのこと(△3一玉とかだっけな)。
そしてこういう手から、ponanzaは幾多の強豪をメッタ斬りにしてきたのである。
その展開にponanzaを放り込むような西尾六段の絶妙な誘導、本当に彼は良くponanzaを知り尽くしていると感じた。
この後の応酬はあまりにも難解で、しかし恐らくコンピュータ将棋がプロ棋士を凌駕している部分が垣間見えた。

終盤の△5五金もどうやら人間には見えづらく、しかしなるほどという手。
こうやって将棋は勝つものか、ponanza流恐るべしと思ったのだが、これも西尾六段自身が考えた手とのこと。
それはさながらsaiが乗り移った進藤ヒカルのように、ponanzaという異質の強さが
西尾六段自身を一回りも二回りも大きくしているように感じた。
ponanza最大の持ち味である攻撃力を絶妙に発揮させた西尾六段には、一人のponanzaファンとして感謝である。


時系列は前後してAブロック。こちらも森下九段の強さが光った。
戦前の予想通りどうやらツツカナとの相性はよく、難解な序盤で的確にリードを重ね
終盤は抜き去っての磐石の勝利、とここで話が終わらないのはご覧になった皆さんであればご存知のところ。

決勝は詰みを読みきった直後ツツカナの点数が0に。森下ツツカナタッグの初戦でも同様の動作があったので
なんらかのトラブル含みなのか仕様なのかいまいちわからなかったが、
結果的には森下九段がツツカナのバグと勘違いし、詰みを逃してしまう。

説明を聞くに、△9五香で4000点オーバーの点数がありこれで勝ちなら、と指したが
次の応手が▲9七桂と表示され、これはバグったと愕然として
詰みを追わずに手を戻さざるを得なくなった、とのこと。
これは森下九段のミスと、ツツカナが詰み発見時に0表示になる仕様orバグが重なったために起こったことである。

コンピュータは詰みを発見したら、詰み手順は全て同一とみなし区別しない
本譜はやはり△9五香から詰みがどうやらあり、清算して8七から角を打つような手順でちゃんと詰むらしい。

感想戦によると△9五香▲9七歩△8七角▲8六玉△9七香成▲同桂△7八角右成▲同銀△7七金 と進む。
ちなみに以下は▲同銀△同歩成▲9九玉△8八銀▲同飛△同と▲同玉△8七銀成▲9九玉△9八飛▲8九玉△8八飛成、等の手順で詰む。もっと早く詰むかもしれないが。

しかし最長の手順で粘ろうとするのは人間だけで、コンピュータにとっては
このような長手数の詰みも、△9五香▲9七桂からあっさり詰むのもなんら変わらないのだ。
確かponanzaは複数の詰み手順が見えたときに、受け方が長い手順を選択するよう調整しているそうなのだが
ツツカナにはそういった機能が恐らくなく、どうせ何やっても詰みだから▲9七桂でも表示させとくよ、としたわけで
▲9七歩とされていたら恐らくちゃんと△8七角を示してくれていたはずであった。

だが森下九段はこれをツツカナのバグと認識してしまった。
これは詰みを0点と表示したツツカナの仕様(?)も影響していたと思う。もし9999だったらさすがにもう少し信用できたのでは、と思う。
結果後手は手を戻して慌てて引き返す。詰みを免れた先手玉も建て直しつつ逆襲に回り形勢は混沌とする。

終盤第2Rはさらなるトラブルが発生。
なんと両者(だったかツツカナだけだったか)、コンピュータが使えない状態になってしまう。
ちょっと具体的にはよくわからないが、タブレット端末上の盤面が初形に戻ってしまい検討不可の状態になってしまった、とのこと。
両者使えなかったのか森下九段だけ使えなかったのか、森下九段だけ使えないことを考慮して
いささかラフプレー(では済まされない)ながら中村六段の方も使えないようにしたのか、そのあたりはいまいち分からない。

相入玉すらうっすらと見えるような乱戦、師匠を思わせる泥沼流の粘りを見せる中村玉であったが
攻めの要の龍を抜かれ中段の森下玉が詰まない形になったことが決め手となり、
左辺を必死で開拓せんとした中村玉がついに掴まり、終局となった。
58手目から森下九段-ツツカナタッグ1手30秒、71手目から両者30秒であったが
事実上は45手目からほぼ両者1手30秒以内での応酬が続き、それが様々なトラブル、ドラマを織り交ぜながら196手まで続く大熱戦であった。


長い序盤戦を抜けた45手目からの戦いは、間違いなくここまでの全対局中ベストバウトである。
(タイムシフトをご覧になる方は、解説が三浦-藤井タッグから高橋-屋敷タッグに変わった瞬間から見ればわかりやすい)
途中森下九段のミスによって形勢は混沌とし、最終盤では両者コンピュータが止まるというアクシデントの中
1手30秒の激戦を自らの力で戦い続け、拮抗した勝負を続けた両者には多くの将棋ファンが惹きつけられたことだろう。

twitterでも少々書いたが、ここまでソフトの強さがこれだけ示されてきていながら
人間の凄さを感じなかった対局など、電王戦関係でただの一つもない。
本局もコンピュータが止まってからこそが人間の凄さが最も発揮され、そしてそこがここまでで最大の見せ場であった。
電王戦の意義を考えるとするなら、それは対局の勝敗もさることながら
コンピュータという異なる存在と戦う、棋士の姿そのものに価値がなければいけない。
電王戦タッグマッチ2014、ここまでやや賛否両論の声はあるものの
電王戦の意義を損なうイベントであったとは私は思わない。
プロ棋士の強さ、勝負に殉ずる人間の美しさを堪能させて頂いた。森下九段-ツツカナタッグには心から拍手を送りたい。

しかしながら、そういったドラマのきっかけは、やはりミスやトラブルがきっかけでないことが望ましい
できることなら両者両タッグがミスらしいミスもなく最善を尽くし、その上で人間の強さが最後に輝くという
去年の決勝のような対局をもう一度見たい、と願っている。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/24(水) 07:07:38|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電王戦FINAL、タッグマッチ、橋本批判に対する反論など

先日の「電王戦に関する記者発表会」、一般観覧の抽選に当選したため行って来た。
そこでいくつかの新しい発表があったので、まずはまとめる。

まず、電王戦の5:5の対抗戦という形式は次回が最後となった。
これで勝てなければタイトルホルダーを出すしかない、という5人を選抜して勝負するとのこと。
さらに具体的に「若手、勝率6割5分以上、コンピュータ将棋に対する知識がある」という条件を満たした5人を選ぶと明言。
この条件に当てはまる人間で、かつ後述のタッグマッチに出る中村太地六段、
すでに出場した菅井五段や豊島七段は恐らく除外と考えると、相当に候補は絞られる。

さらに発表が10月とのことで、これは現在竜王戦挑戦者決定戦に出場し
羽生名人から先勝を挙げた糸谷六段のスケジュールに合わせたものと考える。
(敗退なら出場、挑戦者決定なら恐らく欠場、竜王奪取なら間違いなく欠場と考えられる)。

タイトルはあくまでスポンサーの持ち物であり、そこに傷がつく可能性がある以上将棋連盟の自由にはできない、という前提があることは度々語られてきた。
しかしPVの中では渡辺明二冠の「そのときのタイトルホルダーが負けて終わらないといけないっていう部分もあると思う」等々、
''タイトルホルダーの出場に関して将棋連盟として最大限に踏み込んだ''と見える発言もいくつかあり、
この5人ではっきり負けるようであれば、タイトルホルダーを出場させる方向に向かうというニュアンスを感じた。


そして新企画として、去年行われた電王戦タッグマッチを今年9月~10月にかけて行う。
これは今回の電王戦を戦った5人から豊島七段(王座戦の挑戦者に決定)を除く4人が出場、
また第二回電王戦に出場した阿部四段、船江五段、そしてディフェンディングチャンピオンとして佐藤慎一四段も参戦。
さらに電王戦初出場の棋士数名が追加参戦。若手の精鋭中村太地六段をはじめとして
コンピュータ将棋への造詣の深さはNO.1と目される西尾明六段、最近話題のサブカル系棋士高橋道夫九段、
振り飛車党のトップ久保利明九段(!)、そしてリビングレジェンド加藤一二三九段(!!)が参加を表明した。

この第二回電王戦タッグマッチだが、二年後にタッグマッチを本格棋戦として行うにあたってのプレマッチという位置づけである。
2016年からは電王戦タッグマッチを棋戦として定期的に開催、名人戦・竜王戦に次ぐ賞金が用意されるという。
棋戦である以上ある程度あらゆる棋士に参加資格があることが望ましいが、性質上エントリー制になる可能性が高いだろう。
ただこれはまだまだ先のことで具体的には何も決まっていないということだった。


感想としてまず思ったのは、「これで負けたらタイトルホルダーを出すしかない」というのが次回のテーマとなるとのことだが、
恐らく世間の認識とはズレがあって、既にタイトルホルダーを出すしかないのでは?という見方のほうが大きいように思う。
やはりこれは森下九段の継ぎ盤案などと同じく、序中盤での技術では決して負けていないのに終盤に人間にミスが出て、
そこから逆転で負かされるという対局が多く見られたことに対する、プロ側の歯がゆさのようなものを感じた。

これは半分は正しく半分は間違っている。終盤をノーミスで指しきることこそ将棋における重要な技術であり、
そこで人間が劣っているということは、将棋の技術において劣っていることに他ならないのである。
(それこそ谷川会長などはまさに、その圧倒的な終盤力によって一時代を築いた棋士である)
しかしながら2勝7敗1持将棋という結果に比して、将棋の内容自体はどれも非常にいい勝負であることもまた事実であり、
ある程度以上の力の差があれば結果が10-0になってしまうはずの将棋というゲーム性を考えれば、
ここまでの人間負け越しの結果ですら実力は十分に拮抗していると考えている。
そして拮抗している以上、やる価値はまだまだあるはずだ、とも。


電王戦タッグマッチに関しては、率直にいって私は楽しみである。
まず今回の出場棋士が非常に魅力的である。特に初出場の5名に関しては見所沢山だ。
去年行われた第一回電王戦タッグマッチは第二回電王戦にも匹敵する非常に面白いイベントで、
お祭りムードの和やかな雰囲気ながらやはり対局自体はまさしく真剣勝負。

特に決勝の三浦GPS-佐藤ponanza戦は名局賞クラスの好勝負で、
三浦九段自身が考えた手で三浦タッグが優位に立つ中でも佐藤タッグがぎりぎり踏みとどまって食らいつき、
最後は佐藤四段自身が指した数々の絶妙手によって逆転という一局であった。
勝負そのものの熱さもさることながら、決してコンピュータ将棋が万能ではなく
終盤であっても人間が上回ることもあり、双方の良いところを合わせることによって
最高の棋譜が出来上がるのでは、という電王戦の理念「共存共栄」をまさに体現する有意義なイベントとなった。

簡単にいって、コンピュータ将棋の最高の使い手はプロ棋士であるはずだ。
私はアマチュア初段程度の棋力なので、プロ棋士の指し手の意味が分からないことは多数ある。
コンピュータ将棋の指し手はそれに輪をかけて、人間にはない視点から手が飛んでくる。
そしてそれが非常に好手であることも多いが、しかし現代のコンピュータをもってしても難解極まりない将棋というゲームにおいては
悪手である可能性もまだまだあるのだ。

ここを正確に判断し手綱を引いたり緩めたりする能力において、コンピュータ将棋というものの知識を正しく身につけさえすれば
盤上のエキスパートたるプロ棋士に勝るものはないはずなのである。
コンピュータとプレイヤーのコンビという対戦形式をチェスの例にならうとすると「アドバンスド将棋」という呼び名になると思うが、
(おおざっぱにいって)序中盤の技術に勝る人間と、終盤の正確さに勝るコンピュータが合わさることによって
きっと人間単体、コンピュータ単体の勝負を上回る質の高い棋譜が、今回も出来上がることだろう。

再来年からのタッグマッチ棋戦の構想に関しては、まだまだ決定事項が少ないため特になし。
個人的にはコンピュータ将棋という人間と異なる存在と、将棋というゲームを通じてほぼ互角の勝負を繰り広げている
この時代のありがたみというものを関係者はもっとかみ締めるべきではないか、と思う。
力が拮抗している限り、あらゆる試みをなんでもやって見て欲しいと願うばかりだ。



そんなことを思っていたら、橋本崇載八段がこれをツイッター上で批判、
タッグマッチ開催への反対運動をする、という旨の発言までしたというから驚きだ。
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-984.html
http://i2chmeijin.blog.fc2.com/blog-entry-981.html
(2ch名人の記事で申し訳ないが、ツイッターの発言は一通りまとめられている)


はっきりいって、こいつはバカである。バカに反論すると自分までバカになりそうなので、
あまり真面目に反論するのも馬鹿らしいところなのだが、あまりに腹立たしいので一応ちゃんと批判記事を書いておく。

まず「ソフト指し」という言葉を使うところが非常に''不潔''である。
例えばアドバンスド将棋という適した言葉があるのに、恐らくわざとそういった汚い言葉を使う。
人間とコンピュータの融合によってよりよい棋譜が生み出せるか、ということが大きなテーマであるとこれだけ繰り返しいわれているのに、
あたかもそれが棋戦のレギュレーション云々ではなく、将棋というゲームの上で「不正」であるかのような言い回しである。

誤解している人間が、プロ棋士も含めて多すぎるのでここで一度、私なりの提言というか宣言をしておく。
恐らく多くの問題はこの一言で片付けられる。
将棋は人間のみならず、コンピュータに対しても平等であるべきだ
将棋というゲームはあくまでゲームであり、盤上を支配するのはルールという理論だけである。
そこに「人間であること」という参加資格などない。
さらにいえば将棋における定跡ですら、将棋のルールが決まったときからすでに盤上に「存在」しているものであり、
人間はそれを「発見」したに過ぎないのだが、定跡を人間が「作った」と勘違いしている者が多すぎる。

「人間と人間が指すから、将棋は面白い」というのは個人の感想として正しいと思う。
しかし、「人間と人間が指さなければ将棋ではない」ではあってはならない。
数学が「宇宙語」と呼ばれるように、将棋を支配するのは厳然たる将棋のルールのみであり、偶然の要素はない。
そこには言語や文化、ひいては生物無生物の垣根すら越えた交流があるからこそ
将棋はすばらしいのではなかったのか。

そういう意味でいうと私は「人間と人間が指す将棋」より、電王戦のほうがずっと面白く見える。
人間とコンピュータが将棋でいい勝負だなんて、こんなロマン溢れる話はないではないか。
その魅力に取りつかれて私は以前よりずっと将棋ファンになり、将棋に詳しく、強くなった。
同じように電王戦から入った新規将棋ファンはきっと多いはずである。

それを差し置いて「将棋の素晴らしさを伝え、棋士って格好いいなとファンに夢を与えるのが我々の仕事」などと、寝言は寝て言えよ、と思う。
電王戦こそ「将棋というゲームのもつ可能性の素晴らしさ、自らのアイデンティティを賭けて戦いに臨む棋士の格好良さ」を沢山のファンに伝えてきたイベントである。
橋本八段の発言は、将棋というゲームのもつ可能性をプロ棋士のテリトリーのみに狭め、棋士のプライドを守るために異なる存在を排除するという、非常に痛々しい主張にしか見えない。

ましてや例えば豊島七段のタッグ戦(ニコニコ超会議における豊島YSS-pona習甦ツツカナ戦)等に文句をいっていたわけではなく、
結局まず自分が参加しない(できない)であろうイベントに多額の賞金が掛けられるということが、
しかも自分の手の届かないところで勝手に話が進むことに耐えられないだけでは、恐らくないだろうか。
「反対運動」などと大仰なことをいうなら普通はツイッターなどにいきなりは書かないので、恐らくノープランであろう。
自身にきちんとした主義主張があるのなら、しかるべき手順と方法を持ってそれを示して頂きたいものである。
腕がトップには微妙に届かず、上にも下にもいけないから足りない部分を口で補おうとする、というのは
ハンパな腕の音ゲーマーにすごく多い例で、私はそういう矮小な人間を山ほど見てきた。
知性の象徴たる将棋のプロといえど、こういう人間も中にはいるということなのだろう。


丁度最近アウトフォクシーズ(を含む複数のゲーム)で、強くなったばかりに対戦相手がいなくなるという
腑に落ちない経験を多くしているので、コンピュータ将棋開発者の方々にはすごく共感できる部分がある。
(彼らほどすごいことを私がしているわけではないと思うが)
是非とも将棋連盟は、将棋ファンやスポンサーの目を意識する余りに
最も大切な、対戦相手に対する敬意というものを忘れてしまうことがないようにして頂きたい。
例えば私のように羽生渡辺森内ファンであり、豊島ファンであり、その他多数のプロ棋士ファンであると同時に
ponanzaのファンでもある、という将棋ファンもいるのだから。
  1. 2014/09/02(火) 19:15:01|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画