科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

サッカー日本代表対オランダ代表 採点


GK 西川 6.0
失点シーンはノーチャンス。他に関してはそつなくこなしたといえる。
ただし1失点目はGKのコーチングで防げたかもしれないのだが、まあ彼の責任にするのはちと酷か。

CB 今野 5.5
オランダ前線の選手とはやはりスピード差があった。
特に「3人目の動き」でズバっと裏を取られるシーンがいくつかあったので、ここはCBがうまくカバーしたい。
とはいえ1トップのS・ボアテングにはほぼ仕事をさせず、後半は攻撃参加で効果的にボールを入れた。中々。

CB 吉田 5.5
やはりロングパス精度は日本随一、日本の攻撃の起点となるパスを多く供給した。
ただ守備ではやはりミスが出た。1失点目は内田との連携ミス。声を出そう。
2失点目も何かしたかった。ファンデルファールトのところまでチャレンジできればよかったのだが。


LSB 長友 6.5
インテルで好調なだけあり、久々に強い長友だった。
守備ではロッベンをほぼ完封、攻撃でもガンガンサイドを切り裂いた。強い相手には強いね。

RSB 内田 5.5
1失点目はかなりいただけないミス。あそこで中央にヘッドで落とすのはかなり危険な選択肢で、
やるならちゃんと声を出して連携を取るべきだし、危険だと判断したらはっきりクリアをすることも忘却してはいけない。
繋ぐサッカーとはいえどこかで後ろから繋ぐかクリアするかの線引きはしなければいけないのだ。
とはいえミスの場面以外は概ね良好、個人的には先発を引き続き任せて問題ないと思う。


DH 山口 6.5
やはり非常に良かった。よく走って大事な場面に顔を出し、よくトライしてボールを奪っていた。
攻撃面でもボールをよく収めて的確に前線へとボールを供給していた。
ただし前半最初のビッグチャンスでのシュートミスは非常にもったいなかった。
あれを決めていれば日本は試合に勝利し山口がMOMだったことだろう。

DH 長谷部 5.5
守備で-1、攻撃で+0.5といったところ。
守備面ではファンデルファールトやストロートマンをはっきり抑える働きはできず、
2失点目はロッベンにかわされた。あれはかなりいただけないミス。
ロッベンがもっとも得意としているカットインして左足のパターン'だけ'は抑えて欲しかった。というか、長谷部が付かず長友一人だったら止めていたような気がする。
ただ前半のうちに大迫が1点を返す場面での貴重なアシスト。あそこはよく走りよくキープし、よくアシストした。

LSH 清武 5.0
先発では日本ワースト。低い位置からドリブルで持ち上がろうとして奪われたり、
プレーの質も低く終始消えていた。
私は清武先発はナシと考える。

RSH 岡崎 5.5
チャンスによく顔を出したが、あまりにもミスが多すぎた。
彼がもうちょっと速く走っていれば、もうちょっと正確にシュートを打てれば、という場面が多数。
個人的には後半途中あたりから交代で乾が見たかった。

COH 本田 6.0
まだ少しプレーエリアが低いし、チェイシングも高い。運ぶのはボランチに、最前線のチェイスは大迫にやらせるべき。
責任感の表れなのかもしれないが、なんでもやろうとせずトップ下らしくプレーしたほうがよい。
とはいえ2点目はさすが。「得点が入る可能性のあるシュートの打ち方」を知っている選手。


CF 大迫 6.5
1G1Aの活躍。とはいえポジショニングが悪いのか、ボールに絡む場面自体は少なかった。
しかし彼にボールが入ったときはさすがの出来で、ポストプレーは非常に正確だった。
日本を救った1点目は技術的になかなか難しいシュートだったがよくぞ決めてくれた。
最近不調の柿谷と比較すると、この出来ならこの先も先発で見たい。


交代選手

LSH 香川 6.5
さすがの出来である。持ち味のクイックネスでオランダDF陣を圧倒。
左足のコントロールシュート上手かったけどキーパーのビッグセーブに阻まれる。得点欲しかったね。

DH 遠藤 6.0
長短織り交ぜたパスで攻撃を効果的に演出。今日はプレスが彼のところまでかからず自由にプレーできた。
1回長友が上がった場面で守備のカバーに入り、ロッベンとマッチアップした場面があったが
抜かれる気しかしなかった。やはり守備には難あり。

LSB 酒井(高) 5.5
前半の長友と比較してやはりクオリティがはっきり下がる。
特にクロスがことごとくノーチャンス。ちょっと工夫が欲しい。

CF 柿谷 5.0
決めろ。

RSB 酒井(宏)
時間不足のため採点不可

ザッケローニ 5.5
先発で大迫、山口の起用は非常に良かったが、清武先発はかなりいただけなかった。
後半に酒井宏樹を入れたりほんとよくわからんことをしたがるオッサンである。
あとひとつの工夫で勝てた試合を逃した、という印象。最後の一押しを監督がやって欲しかった。


総評
ここ数戦ではベストの出来。とはいえ開始直後の2つのビッグチャンスで決めきれず
前半にミスから2失点というのはやはりいただけない。
かなりこのパターンが最近定着しつつあるので、いい加減修正しておきたいところ。

それ以外は非常によく戦った、といえる試合だったと思う。
特に大迫と山口という初先発(東アジア選手権を除く)の選手の躍動というのは
日本代表にとって必ずやプラスに働くだろう。


スポンサーサイト
  1. 2013/11/17(日) 09:46:49|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<UME式勝負論あれこれ&MFC三麻の話 | ホーム | 動画更新&将棋電王トーナメント予選>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umeboya.blog.fc2.com/tb.php/20-c361c155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画