科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

裏塔劇直前フリープレイイベント

ということで、トラタワ8Fのフリプイベントに行ってきた。
1000円でみっちりと元を取った感じでご満悦である。
参加者は計57名とか!


参加予定のゲーム(+ジャッキー)は一通り触ってきたので、軽く振り返り。
なおシューティング技能検定は基盤トラブルのためプレイできず。


・アウトフォクシーズ

結構やってきた。2Pベティなら全員に五分以上で戦えるようにはなってきたかも!
いくつか新しい発見もあったし、収穫は十分である。
とはいえやはり雑になると操作ミスが目立つので、もっと的確にプレーするよう心がけたい。
まだトップにはちと届いてないなぁ、ということも実感できた。

各ステージ考察。

・ジョンスミスステージ(ビル)
2P側なら最速でロケランを取って確実に当てる。自爆しないのであれば早めに撃ってしまってもよい。
問題はやはり1P側なのだが、やはり上の貯水タンクのところのハンドガンを拾って水を流すのは相当危険である。
1P側スタートということは2P側がベティである可能性が高いのでなおさらである。
(天井貫通のロケラン上撃ちとか食らう)
今のところの結論だが、ドラム缶にも木箱にも手をつけずに一直線に最下層まで降りるのがもっとも安全っぽい。
その際ロケラン一発くらいは必要経費と思って受け入れる。それくらいの差が開幕で付いているステージなのだ。

・ベティステージ(水族館)
1Pならロケランを拾って下を取る。2P側だが、マシンガンを取って一切仕掛けないのがやっぱり正解くさい。
野試合なのでロケランを拾う1P側にあれこれちょっかいを出す変化を試したのだが、やはりいいことがない。
相手があれこれ動いて手榴弾を手にできたら、崩壊直前(タイマー120くらい)にピンを抜いて投げるとよさげ。
崩壊後はハンドガンとマシンガンと火炎放射器で悩むが、火炎放射器が強め。
いかにして火炎放射器を安全に拾って一方的に当てる状況を作れるかの勝負。

・バーナードステージ(列車)
2P側だが、相手の手榴弾の位置と立ち位置をみて
手榴弾無視で直接貨物庫に入る変化は積極的に使っていいかも。
その際手榴弾を相手めがけて投げるのもなかなかよい。
とにかくメインの狙いは、いち早く(ロケランを食らう前に)マシンガンを拾って回り込むこと。
成功すれば自然とロケランをこちらが拾って打てる形になっているはず。

・ダニデミステージ(クルーザー)
2P側は真ん中から降りてマシンガン狙いがいいかもしれない。
とにかくロケランを一方的に撃たれなければなんとかなる。
相手にマシンガンorロケラン所持されて下で待たれているときは、とにかくハンドガンを消費して武器を出す。
マシンガンを入手しないとこちらから下に降りて仕掛ける手順は踏みづらい。

・イブステージ(サーカス)
新発見は最上段一つ下からのハンドガン上撃ち。ベティは天井を抜けて最上段の相手を攻撃できるのだが、
その際相手が特殊食らいモーション(ジャンプ中とか攻撃モーションとか)だと連続ヒットすることが判明。
(まあシステムを考えると納得である)
ほとんど0距離射撃なので状況が整えば確実に全弾ヒットする。非常に強力なオプションになりそう。
ただしこれがあまりに気持ちいいので、固執しないように注意が必要かもしれない(笑)

・プロフェッサーチンステージ(工場)
とにかく左下に詰まらない。距離が近ければハンドガンを積極的に使う。自爆をしない。

・ドゥイーブステージ(飛行機)
昨日思いついた新しい攻撃プランはボツくさい。
最下段でドアが閉まった状態でお互いにロケランを構えて膠着しているところで、
2P側(右側)が後ろのドアを撃って飛行機を傾けさせてから相手に向かって打てば
傾斜で相手がドア付近まで滑ってきてくれて当たるかな、とか思ったのだが傾きが逆だった模様。
もしかしたらむしろ1P側に有効なテクニックだったのかも。ともあれもう少し検証したい。


ひとまずこんなところか。何はともあれ、常に冷静に、と心がけたい。


・チャタンヤラクーシャンク

やっぱりこのゲームはしんどい。というかよくわからんw
ちょっと優勝は無理かなぁ。ひとまずもーちょい頑張ります。
遠距離で技を振るときにどれだけあれこれ考えるか、というゲームだということは分かったのだが、
なるべくならそこの考察を放棄して飛び込みたい。今のところそこにしか勝ちはないかなぁ、とか。


・アイスクライマー

一人用を1回と、mfhさんと20試合近く対戦をやった。
いや絶対このゲームの対戦が一番面白いでしょ。100試合でもできそうである。
一人用はスコアおよそ160万くらいまでいった。安全第一の行動は取らずにこのスコアなので
対人用のテクニックとしては十分に備わったかなと思う。
で対戦であるが、やはり1回ミスをしたときのリカバリーが難しいゲームだなと再確認。
とはいえ従兄弟との往年の対戦で磨かれた殺しテクニックは健在、個人的には連覇いけそうかな、と思っている。


・ストリートファイター2'レインボー

一応やったのだが、情熱が消えうせている(苦笑)。
多分ブランカとガイルの使い分けで頑張ります。


ジャッキーチェン2 Fist of Fire

裏塔劇採用タイトルではないが一応これもやってきた。
やっぱり私はこのゲーム死ぬほど向いている。
好調モードに入ったときの手の見え方がやばい。まあ散々青汁さんと殺しあったしなぁ・・・。


とまあ、こんなかんじである。シュー検は不参加が濃厚になっちゃったかな?
あとは平日に頑張って追い上げをしたい。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/15(日) 00:59:57|
  2. その他ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第10回裏塔劇1日目第一種目 アウトフォクシーズを振り返る その1 | ホーム | 第0回アウトフォクシーズランバト振り返り&第10回裏塔劇に備えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umeboya.blog.fc2.com/tb.php/23-07dfe0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画