科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第3回アウトフォクシーズランバト反省会

なお動画アーカイブはコチラ

今回はおおさかさんが喉の不調を訴えたためしばらく実況も。
しかしなんとマイクの音声が配信に乗っていないというハプニング(更にいうと気づかずしばらく放送した)。
いやーなんとも迂闊であった。次回からはかならず確認するようにしていきたい。

各試合振り返りを。
なお私は第2回ランバト3位、今回は13名参加のため2次リーグから参加(なお攻略wikiはコチラ


第1試合 VSもといちご

もといちご1Pベティ対私2Pチン。チン初の公式戦投入である。ステージは相性が悪い水族館。
1Pロケラン2Pマシンガン定跡、スキを見て左側から下の階層へと降りていくことに成功しつつあったが、
第2層まできたところでロケランを食らいそうだったため逃げたのだが、逃げ方がまずかった。
第2層の左端ギリギリまで下がるか端にぶら下がれば誘爆は食らわないのだが、勢い余って水に落下。
サメに噛まれロケランも一発食らいゲージ1本失う。
チンはダッシュの制御が難しいが、あそこは垂直ジャンプでちゃんとブレーキかけれたはず。焦ってしまった。

体力差をつけられ、さらに焦って手榴弾を当てようとしてハンドガンを食らったり、
差を広げられてクジラ落下。
落下の瞬間に手榴弾をぶつけにいくも、自分が前に飛び出しすぎていて相打ちになってしまう。
一方当てならかなり起死回生になっていたであろう一撃、非常にもったいなかった。
牽制のマシンガンを当てて相手の火炎放射器を落とさせ、それを拾って背中を向けながら
こちらは一方的に火炎放射器で燃やしていけば、というところで火炎放射器を拾い損ねる。
焦ったところで背中を向け忘れてハンドガンの連続ヒットを食らい一気に倒される。黒星スタート。

大会本番での攻守の押し引きの判断の難しさというのは相変わらず私の目下の課題なのだが、
制御の難しいチンだとなおさらそれが際立つなあ、という感想である。
咄嗟の場面で背中を向くクセがまだついていないということもあると思われるのだが、
チンをある程度やってしまったためベティを使ったときに守備意識が希薄になる、という弊害も現状起こっているので
なかなか困ったものである。


2試合目 VSブイサターン

1P私ベティ対2Pブイサターンジョンスミス。ステージはジョンスミスステージ。
1Pの定跡通り最速で最下層のドラム缶まで降りてハンドガンを拾う。
相手が第2層でしゃがんだときに誤ってハンドガンを拾ってしまう。距離を詰めたところで相手は上へと逃走、
こちらは先ほどまで相手が持っていたロケランを拾うことに成功。
即上撃ちを2発当て、落ちてきたところにハンドガンを撃ちまくり一気に大量リードを奪う。

その後はちょっとミスが出る。
相手が右端第3層、こちらがやや中央第2層でお互いハンドガン所持という状況、
一気に第3層まで上がって一発ハンドガンを一方当てしたのだが、恐らく連射で殺しきれていた(連打しない意味はなかった)。
その後相手は最上層へ上がってタンクを撃ち水を流してくるが、判断が遅れて1回流され感電してしまった。
これも相手が最上層へいったタイミングでこちらは最下層に降りるべきだった。
最下層左側から1層上がれば水が来ない地点だったので、あそこで待ち構えるか
最下層でちゃんと水をジャンプでかわし続ければ必勝だった。
実戦はこちらが感電したタイミングで相手も最下層まで降りてきたが、相手も誤って流され感電によって勝利。


第3試合 VSおおさか

1Pおおさかイヴ対私2Pベティ。ステージは列車。
何も拾わずに貨物庫に入る作戦。相手の手榴弾の位置関係的に、貨物庫の中に居れば爆発には巻き込まれない。
相手はこちらの動きをみて天井へあがりハンドガンを撃ってくるが、構わず突き進む。
中のロケランやマシンガンを拾えるならハンドガン一発は食らいオッケー。実際一発食らいつつ中に入る。

相手より先にロケランの木箱を持ち上げ、自分の背中側へ投げ中のロケランを確保。
相手が投げてきた火炎放射器入りの木箱をしゃがんで回避し、足元に落ちた火炎放射器を拾いすかさず相手を燃やす。
すぐさま先ほど確保したロケランを拾って上へ上がってダッシュジャンプ下撃ち。
燃えている最中のイブにヒット。
列車左端へと逃げたイヴを右側から(これ重要)弱左ジャンプロケラン下撃ち、ヒットを奪い列車外へ落とす。

相手が復帰際にももう一発当てさらにリードを広げる。
新しく武器を拾いに貨物庫側へダッシュするが、天井が燃えていて
もしこれを食らうとタイムロスがでかく武器を先にイヴに漁られてしまうので、
これまたハンドガン食らいオッケーで下に降りる。一発食らいつつ先に貨物庫へ戻る。
木箱を食らうも直前に拾っていた火炎放射器を当てて両者燃え、しかし右側にジタバタと転がり
マシンガンを取られることだけは防ぐ。
再度燃やしてマシンガンの木箱を開けて手持ちへ。たまらず相手は天井へと移り左側へと逃げていく。

相手は刀所持、こちらが所持している火炎放射器とマシンガンを奪われない限り必勝の形、
しかしトンネルに入ると相手に有効な武器が渡る可能性があるので有利な状況のうちに仕掛ける。
手榴弾を投げて相手を動かす。そのまま左側に居ればイヴは手榴弾の爆発に巻き込まれるので
このタイミングで仕掛けてくるが、落下際に先にハンドガンを当てる(火炎放射器の予定だったが拾ってしまった)。
火炎放射器を拾い直し振り向いて当てようとしたところで殴られ火炎放射器が相手の手に渡るが、
拾われるのと同時にこちらはマシンガンを拾って撃てる形、マシンガンが当たりそのまま殺しきる。

これは列車2Pの非常に理想的な勝ち方。会心の勝利であった。
少々の体力を最初に支払って貨物庫の優先権を奪い、必要な分だけ木箱を空けて自分の武器を確保し
常に貨物庫の優先権を持ったまま試合を運べた。
要所要所で武器を拾い直したりして位置を調整するのも地味に重要で(将棋でいう歩の突き捨てみたいなもん)、
全ての行動がちゃんと勝ちに繋がった理想的な立ち回りが出来たと感じている。


第4試合 VS owl

1P owl猿 対2P私ベティ。ステージは飛行機。
開幕相手がロケランを持っていたのでハンドガンを連射したが、ハンドガン2発当て対ロケラン当てダメージ勝ち。
しかしこれだと相撃ち後の第2撃が相手のロケランの方が早いため、ダメな立ち上がりであった。
背後のドアを開けたまま撃つか、第2層のハンドガンを拾わず最速で最下層に行くかのいずれかで
一方当てが恐らくできた。細かいところだがぬるかった。
案の定第2撃を食らって逆転されるも3発目はハズれ、ハンドガンを打ち込んで3連続ヒットを決め再逆転。

相手は屋上に落ちてきたロケランを拾いにいき、こちらは背後のドラム缶をどかしてロケランを拾って詰めにいく。
屋上のガラスが割れていないので真下のポジションを取ろうと思った瞬間上から木箱が降ってきてガラスが割れる。
ここで引き返すべきだったのだがルーズに近づいてしまい、割れたガラスの穴からロケラン下撃ちを食らう。
しかし相手が追撃のロケラン下撃ちをミスって落ちてきたので、ロケランを拾って一気に決めにいく。
足元のマシンガンと刀を拾わないように、レバー下を遅めに入れることを意識してその場ジャンプ下撃ち。
ヒットを奪いこちらは一層上に移動したので、ダッシュジャンプロケラン下撃ち。
再度当ててこちらは屋上へ移動したので、先ほどのガラス穴からロケラン下撃ちを通してトドメ。勝利となった。

久々にロケラン下撃ちの精度が勝ちに直結する試合となった。
足元の武器を拾わずにロケラン下撃ちは案外難しいし、ロケラン下撃ち後飛行機が傾く関係で
こちらも若干位置が移動してしまうのだが、それに適した撃ち方を最速で決め続けて一気に寄せきることができた。
しかし開幕のハンドガンが間に合わなかったのがやはり気になる。まずは最速で第2層に降りて
この瞬間に相手が刀を拾っていなかったら最速で最下層まで降りるのが正解、ということだろうか。
しかし恐らくこれ時系列的に無理なので、相手がダッシュしているかジャンプしているかで
どちらを取ろうとしているのか開幕の瞬間に判断しなければいけないっぽい。うーむこれ可能なのだろうか?
とりあえず第2層のハンドガンを拾って最下層に降りて構えておけばそこまで悪くはならないだけに難しい。


ここで一旦記事を切ることとする。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/09(日) 20:12:28|
  2. その他ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第3回アウトフォクシーズランバト反省会 その2 | ホーム | 今日もMJ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umeboya.blog.fc2.com/tb.php/37-0f5e2d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。