科学と哲学のUME式実ボク!

UMEのスパ天における実戦からチョイス、印象に残ったスパーを徹底解説!

やっつけ攻略 SFC第3次スーパーロボット大戦

最近懐かしのSFC第3次をやっている。現在「カウントダウン」までクリア。
あと5マップほどでラストバトルである。
http://moxmound.digi2.jp/srw3/index.html が大変参考になった。

今回はいわゆる「ケーラルート」でプレイ。最初の宇宙編ラストで
「ルナツー突入」を選ぶとケーラルート、「DCを追う」を選ぶとクワトロルートである。
でもクワトロを仲間にしつつケーラルートへ行けるのが若干紛らわしい。

ケーラルートの主な利点は
・カツが仲間になりGディフェンサーを入手
・レコア残留

対するクワトロルートは
・クワトロ残留
・ゲーマルク入手

である。今回は2番席育成法(後述)を活用するためGディフェンサー目当てでケーラルートへ。
レコア残留はあまり気にしていなかったが、幸運必中を覚えるまさに2番席育成法にうってつけのパイロットだった。
クワトロルートで入手できる最強MSゲーマルクも捨てがたかったが。

1, 早期の2回行動パイロット作成

このゲームの主なレベルアップ方法は百式のメガバズーカランチャーによる一獲千金である。
敵を倒して得られる経験値はレベル差によって補正がかかり、8差で最大となる(それ以降は変わらず)。
よって次のマップで出現する雑魚敵の最低レベルのもの-8レベルのパイロットを百式に乗せ、
うまく敵を誘導して一気に巻き込むのが基本手段となる。

今回はちょっと無駄にレベルを上げすぎたせいもあって作成が若干遅れ、
「星から来るもの」でようやく成功した。
基地面は通路が狭く、敵の制御がしやすいためオススメである。

具体的な方法は、まず囮役を適当な位置に配置。ダイタンクが硬くてオススメ。
敵を一挙に集め、耐えながらダイターンキャノンで削る。
多分あっさり弾切れになるので、気力が上がってきたらダイターン3に変形して別の武器で削る。
ダイターン形態だとさすがに不安なので、EPでは反撃命令を「必ず回避か防御」にしておこう。

程よく削れてきたら発射位置に百式をセットし、残った削りを行うためのモビルスーツなども配備する。
そしてEPを必ず「回避か防御」に設定しセーブ、EPを無事乗り切るまでリセット。

乗り切ったら残った削りを行い、削り尽くしたら百式のメガバズーカランチャー。
まずは幸運持ちのパイロットを乗せること。
最初が一番大変で、手数が足りず削りがしんどい。
削りを簡略化するため最初はカミーユ(熱血幸運持ち)を乗せるといいかもしれない。
(しかしそのためにはカミーユをすぐ封印してレベル上昇を抑えなければならず、序盤がしんどい)

このゲームのMAP兵器は「最後に攻撃した際の命中率を引き継ぐ」という致命的なバグがある。
これを利用すればどんなヘボでも攻撃を当てることができる。
注意点としては恐らく武器の命中補正については別途計算されているらしいことと、必中は100%ジャスト扱いなこと。
削りの最後が必中を使ったスーパー系の削りで、直後に百式が撃つと恐らく命中率は80%になっている。
これを考慮して削りのラストはアムロあたりがバルカンで〆ると良い。

成功すれば晴れて幸運持ち超高レベルパイロットの誕生である。
次のマップではこいつを囮&削り役にする。多分全攻撃を100%-0%にできるはず。
削りは全てPPで行うのが安全。EPではクリティカルが出て殺しきってしまう可能性が高い。
一人で敵を一挙に集めて全員削り、満を持して百式をセット&セーブ。EPを乗り切るまでリセットし
PPを無事迎えられたら発射、これで2人目の誕生である。

囮役が囲まれると何かと不具合が生じやすい(射程外の敵を削れなくなったり)。
2人目が誕生すると、囮&削り役を2人に増やし常に隣接させておくことにより囲まれる危険性が激減し、
人数が増えれば増えるほど効率がよくなるはず。
ただしそれでもターン数は食う。敵が集まる前から削りを開始するなどして手際よく。

2, 休暇システム

上記のレベルアップのため、なるべく無駄にMSパイロットのレベルを上げない。
敵は百式と2回行動パイロットだけで全て倒すつもりでいい。
欠点はスーパー系のレベルが上がらないことだが、
どうせ最後はゲッターとパンダグリュエルorブルーガーくらいしか使わないので、さして気にしなくてもよい。
ダイターン3は強いユニットなので、レベルが追いつけば使いたい。なるべく気を配ってあげよう。

3, 2番席育成法

複数パイロット乗りユニットは、敵を倒したパイロットと同等の経験値が全員に入る。
メインパイロットとサブパイロットのレベル差があるときにこれを有効利用し、
レベルの低いメインパイロットで敵を倒すことによってレベルの高いサブパイロットのレベルをガンガン上げられる。
この恩恵を受けるのはまずゲッターG、そしてスーパーガンダムである。
一応グレンダイザーもそうだがメインパイロットがデューク固定のためいまいち効果が薄い。

ゲッターはムサシ戦死後、「カウントダウン」にてベンケイがレベル40で加入する。
幸運をかけてサラとシロッコを倒せば一気にレベル51まで上がる。これでハヤトがあっさり2回行動になる。
リョウの2回行動も目前なので、ゲッタードラゴンorライガーで削ってベンケイでトドメという
黄金パターンで最終的にはレベル70台まで上がる。ぶっちぎり最強スーパーロボットである。

スーパーガンダムも相当優秀。このためだけにケーラルートにきた。
主な用途は非幸運持ちパイロットの育成。
幸運を持たない優秀なMS乗りを百式でレベル上げしても大抵レベル60前後止まりになってしまう。
このパイロットをGディフェンサーに乗せ、ガンダムMk2に低レベル幸運持ちを乗せる。
合体したスーパーガンダムで敵を倒していけば、レベル60台止まりのパイロットを
レベル70後半~80台まで押し上げることができる。

これに適したメインパイロット用人材はレコア、カイ、モンドあたりである。
全員幸運持ちでレコア、モンドは必中持ち(カイは集中)。


4, 改造

第3次は武器改造ができないため、どこにお金をかけるべきかちょっとわかりづらい。
必須なものだけひとまず列挙。

・ブルーガー
HPと装甲を改造。HP1700くらいまでは上げたい。
目的はズバリ、レベル1で加入するマリの育成である。
(もう少し立てばガルガンチュワが加入するが、そこまで待っていると力の差が開きすぎて厳しい)
マリは幸運必中補給を覚え2回行動レベルが38、SPが多く補給を覚えた段階(レベル24)で2回使える。
超優秀なサブパイロットなので必ず育てよう。2回行動幸運持ちスーパーロボットなので中盤は戦力にもなる。
補給を3回使えるようになるまでは育てて損はないだろう。
最後はブルーガーに戻してサブに専念させるのもよい。2回行動なら補給装置も生かせる。

・百式
HPと装甲を改造。発射位置に設置した直後のEPを無事乗り切るため。
ただし装甲を上げすぎるとEP時防御を選択してしまうため、リセット連打覚悟ならむしろ損になる可能性も。
フル改造してもEPを乗り切れなくなってきたら、レベル上げ終了の時期がきた合図だろう。
今まで作ってきた超レベルMS乗りを駆使して無双しよう。

・その他
適当に。最終盤まではさほど改造はいらない。
囮役第一号のダイターンの装甲とHPは改造しておいたほうがいいかも。
MSの装甲は狙われやすさとの兼ね合いで、改造は慎重に。
一番回避が高いユニットが一番狙われやすいようにしておくとよいだろう。

最終盤は残った資金をふんだんに使っていこう。
まずは高レベルMS乗りが増えてきたので、彼らの乗機の限界反応を255に。
そこから装甲やHPを上げていく。MSの装甲も上げておいたほうがよい。

スポンサーサイト
  1. 2015/03/13(金) 13:02:07|
  2. その他ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっつけ攻略 SFC第4次スーパーロボット大戦 | ホーム | チャタン攻略記事 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://umeboya.blog.fc2.com/tb.php/61-ddfd4ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アフィリエイト・SEO対策 FC2動画